ED治療薬のシアリスを実際に服用し、失敗してしまった人の体験談をご紹介しています。服用の際は是非参考にしてください。

シアリス失敗談

シアリス失敗談

ED治療薬のシアリスは先駆けとなったバイアグラやレビトラと違い副作用も軽減されていて食事の影響を受けにくいとされていますが、あくまでバイアグラやレビトラと比べてであって「食事の影響を全く受けない」という事や「全く副作用がない」ということはありません。
ここでは実際にシアリスを服用して失敗してしまった体験談をご紹介していきます。

服用のタイミングを誤ってしまった失敗談

EDを自覚しはじめたのは、30を超えたころでした。
その時はすでに結婚もしていたので、とくに心配もしていませんでした。
しかし2人の間にはこどもを授かっていなかったので、妻にこどもを作りたいと言われた時にED治療薬を使って治療をはじめました。
はじめて服用したのがバイアグラ。
効きが強過ぎると感じ、緩やかなやつが欲しいと医師に相談してシアリスに切り替えることになりました。
食事の影響がほとんどないとのことで、バイアグラの時のように我慢しなくて済むと勝手に思い、好きに食べた後に服用すると効き目をほとんど感じることができませんでした。
後になって調べると800kcalまでと書かれていて、いくら食事の影響が少ないとは言っても食べ過ぎは成分の吸収を阻害してしまうらしいです。
やはりED治療薬は、服用してから食事をするのが良いと思いました。
シアリスは1錠がとても高価なので、こういった失敗はSEXできないだけでなく財布にも大きな打撃となります。
ED治療薬の服用タイミングや食事のCal制限はしっかり守らないと、肝心な時にできずに恥ずかしい思いをすることにもなるはずです。

アルコール摂取による失敗談

泥酔状態の男性

その日は同僚といっしょに仕事おわりに居酒屋にいく予定がありました。
特に女性と会う予定もなかったので、シアリスの服用予定はないとして盛り上がっていました。酔いも回り、楽しくなってきた時に一本の電話が・・・。

突然、彼女からの会おうの連絡。
結構、酔っていたので「良いよ」なんて安請け合いしてしまいましたが、少し冷静になってみるとアルコールをこれだけ飲んでシアリスは効くのかと不安になってきました。
彼女にはEDであることを打ち明けていないので、シアリスが効かないと言い訳が難しくなるなと思いながらホテルへ。

思った通り、酔っていたのもありますが飲んだ意味があるのかとなる位、勃起しませんでした。彼女も勃たせようと努力してくれましたが、無反応すぎて笑いそうになってしまいました。

その日はお酒を理由に言い訳しましたが、こういったことが何度もあるといずれはEDがバレてしまいます。

好きな時にアルコールや食事が楽しめないのは、ED患者の宿命なのかも知れません。
シアリスの詳細についてはこちらをご確認ください。