EDになりやすい人というのは性格やライフスタイルの影響が大きいです。ED治療薬のシアリスは性格等は関係なくおすすめです。

EDになりやすい人

EDになりやすい人

EDにかかりやすい人を年代別で考えると、最近では年齢問わず発症する生理病の1種とされています。
30~40代で発症する人もいれば、若くして20代で発症してしまう人も。

つまり20歳から80歳、90歳の高齢者まで、幅広い年齢層の患者さんがいます。
この幅広い年齢層でEDになるリスクが高いのが、40~50代。
長年企業にお勤めされていれば、中間管理職など何かの役職に就いている人も多いかと。

仕事が増加に伴い責任も増え、心労は溜る一方。
上司と部下の板挟みになることもしばしば。

これと同時に男性更年期障害によって男性機能が不調となることや、性欲が衰えはじめるというダブルの要因がEDを招きやすいとされています。

生活習慣には気を付けましょう

また「動脈硬化」や、それに起因する生活習慣病発症リスクなどからEDとなりやすいとも言われています。

次に多いのが、30代。
中折れすることが増え、心因性EDにつながる事も多いです。

次が20代、そのほとんどを占めているのが緊張型のED。
SEXに興味をもって少し知識を付けた年代になりますが、やはり知っている知識と実践(SEX)は別問題。
妄想と現実の差が、若者を極度に緊張させてしまい勃起に力が宿らなくなってしまいます。

60代移行の人も発症しますが。中折れなどの前に勃起の硬度が不足することや、ご無沙汰すぎて自信あ不足しているなどの理由が多いとされています。

仲が悪いカップル

器質(からだ)面での発症よりも、心因性のことが多い事なので本人の嗜好あるいは性格などによってもEDが起こりやすい人は判断をつけられます。

EDなる可能性が高い人は、次のようになっています。
・女性とのコミニケーションが苦手
・内向的な性格
・SEXよりも自慰が好き
・運動しない
・飲酒と喫煙
・睡眠時間が不十分
・仕事や家庭内にストレスがある

これらの項目に当てはまる数が多いほど、EDは発症しやすいです。
自分の生活などを振り返ってみることで、出来ることから改善をはじめてみましょう。

男性は良く言えば「繊細でデリケート」ですが、言い方を変えれば気にし過ぎる面があります。
思い込みやすい人や、考え込みやすい人もEDになりやすい傾向があるので、考え過ぎないようにする事も大切です。

EDになりやすい危険度で考えれば40~50代ですが、上記のことからこれからという性欲旺盛な20代も注意しなければなりません。

性欲が盛んな時期にEDに悩むなんてとてもナンセンスですし、人生の半分以上を損している!と言っても過言ではない。と考えます。

もし今現在EDに悩んでいる人はもちろん、EDかもしれない?と考えている人にはED治療薬のシアリスがとてもおすすめです。