EDの原因は個人差があり、その人の生活習慣とも深い関係がありますが、改善するにはED治療薬のシアリスがおすすめです。

EDの原因

EDの原因

男性を悩ませる生理病の1つに挙げられる、「ED」。
勃起に硬さがないことで、挿入が困難になるのが代表的な症状です。
またこの症状以外にも、一時的に硬さがでても途中で解消されてしまう「中折れ」も症状の1つと考えられています。

一体男性に、何が起きるとEDを発症するんでしょうか。
原因は4つになるので、その4つすべてをここで解説していきます。

器質性ED(からだが原因のED)

からだに何かしらの原因が見られ、物理的に勃起が阻害されてしまうタイプです。
器質性といっても細かく分類することができ、次のように分けられます。
①血管の障害
②神経の障害
③内分泌機能の障害

特に「加齢による動脈硬化」や、その原因となる「糖尿病などの生活習慣病」の合併でEDを発症する人が多いとされています。

年齢によって、血管壁の「弾力」は失われていきます。
弾力がないと血管を拡げることが不十分になり、十分な血液をペニスに送ることができなくなってしまいます。

30代を過ぎるころに症状を自覚しはじめ、40歳を超えるとその割合は急激に増加していく傾向にあります。

また糖尿病を患っている患者さんの半数以上が、EDという報告もあるので生活習慣には気を付けましょう。

生活習慣には気を付けましょう

心因性ED(こころが原因のED)

からだの機能に何の問題を抱えていないものの、心理的なあるいは精神的な理由から起こるタイプです。

統合失調症やうつ病などの精神疾患のみならず、社会生活でのストレスや夫婦間の問題など、他にも幼少期でのこころの傷などが挙げられます。

その原因は人によって様々なので、心因性の場合には人の数だけ理由があると考えても良いかも知れません。

男性が低い低いと思っても高いのが、プライドです。
心因性は、プライドが邪魔して悪化することもあります。

EDというデリケートな問題が人に相談しずらく1人で抱え込んでしまうことで、それが返って緊張や焦りなどにつながり悪化させてしまいます。

また悪化して「またダメかも」と予期不安に陥るようになると悪循環が続くようになり、回復までに時間がかかってしまうことがあります。

パートナーや医師に思い切って打ち明けるのも、治療には必要なことになるはずです。

落ち込む男性

混合性ED(2つの原因が混在するED)

器質+心因の2つの原因が一緒になって起こるのが、混合性ED。
何かしらの病気が引き金になることが多く、心理的に悪循環になることで発症するのが特徴だと言われています。
勃起に必要とされる2つの要素(からだの機能と精神面)が欠けることとで、正常な勃起を起こせなくなります。

治療に時間がかかるケースが多く、病気の治療と精神面のケアの2つの側面からアプローチして治療することになります。

落ち込む男性2

薬剤性ED(飲んでる薬が原因かも)

治療に必要な薬剤の影響からEDを起こすことがあります。
医師から処方されて何気なく常用している薬の影響が原因に。

EDを招く薬剤としてよく知られているのが、「中枢神経や末梢神経に作用する薬剤」や「循環器系の薬剤」、「消化管に作用する薬剤」などが挙げられます。

 

中枢神経に作用する薬剤   解熱剤や鎮痛剤(市販の風邪薬も含まれます。)
  抗うつ剤 抗けいれん薬抗精神病薬
  催眠作用などがある向精神薬
末梢神経に作用する薬剤   鎮けい薬 抗コリン薬
消化管に作用する薬剤   消化性の潰瘍薬 抗コリン薬 鎮けい薬
循環器系に作用する薬剤   利尿剤 降圧剤 血管拡張剤 不整脈治療薬

特定の病気にかからない限りは服用する機会は少ないですが、中枢神経系に作用する薬剤の中には風邪薬が含まれていて、市販薬に頼りがちな人はEDには要注意です。

落ち込む男性2

EDの治療は根本的な原因の解消をする事が一番の治療方法にはなりますが、生活習慣を見直して実践するなどするとどうしても時間がかかってしまいます。

そうした場合にはED治療薬のシアリスが大変おすすめです。
食事の影響を受けにくく、副作用も軽減されているので初めてED治療薬を服用する人にとってもとてもおすすめです。

またお薬の効果作用時間が24時間から36時間と非常に長いのが特徴と言えます。
現在、EDにお悩みの人は是非参考にしてください。